98.11.2 ジャビルカ通信 第75号

98.11.2  ジャビルカ通信 第75号

No Nukes Asia Forum (Japan) の多田さんからのメールを転載します。
(重複して受け取られる方、ごめんなさい。)

—–(転送はじめ)——

NNAFJの多田です。

ジャビルカウラン開発問題で揺れるオーストラリアのカカドゥ国立公園が
TBSの「世界遺産」で紹介されます。東京では来週の日曜11/8の午後11時半
の放送ですが、他の地域はちょっとわかりません。

http://www.tbs.co.jp/heritage/128_o.html
を見た限りではカカドゥの自然中心の構成になるようですが、自然遺産と
文化遺産の両方で登録されているカカドゥですから、アボリジニの文化に
も触れないわけにはいかないでしょう。

ビデオ<ジャビルカ>日本語版の制作に関わったものの一人として言わせ
てもらうと、このビデオはアボリジニの闘いとウラン鉱山の問題について
は非常によく描けているのだけれど、肝心の日本人に訴えかけるにはやや
説明不足かなぁと。一般の日本人にとっては、カカドゥ国立公園もオース
トラリアの観光地のひとつにすぎないわけだし、その地の美しさや貴重さ
を前面に打ち出してアピールするほうが効果的なのかも知れない。日本に
やってくるシギやチドリの越冬地でもあるわけだし、そういうところの自
然をウラン開発で破壊していいのか、と。

ま、とにかくTBSが放送してくれるというのだから、できるだけ多くのひと
にこの放送を見ることをお薦めしたいと思います。それからビデオ<ジャ
ビルカ>日本語版を買って見れば完璧だぁ。

放送後にTBSに対してメールなりFAXなりで感想を送るのも、一つの運動に
なると思います。もしカカドゥが危機的状態にあるということを番組内で
きちんと伝えていなかったら、当然抗議の意味を込めたものにしてね。

—–(転送おわり)——

●細川追記:上の最後の段落にあるTBSへの働きかけを、ぜひ皆さんよろしくお願い
します。
ちなみに、細川が見た限りでは、TBSの同じシリーズのこれまでの放映は(全部見た
わけじゃありませんが)、ただ奇麗な絵をひろって流しているだけ、という程度です
。環境問題に対する意識とか、つっこんだ背景情報とかは、期待しないほうがよろしい。
######################################
Stop Jabiluka キャンペーン展開中。ご支援ください!

キャンペーン事務局
  <hosokawk@cc.saga-u.ac.jp>
  840-8502 佐賀大学 農学部 細川研究室
  tel&fax  0952-28-8738 
(郵便振替)01700-1-19686「ジャビルカ基金」
######################################

広告