98.11.12 ジャビルカ通信 第76号

98.11.12  ジャビルカ通信 第76号

もたもたしていて掲載が遅くなって申し訳ありません。広島市にて、明日、映画『ジ
ャビルカ』日本語版の上映会と解説をおこないます。

解説は、不肖わたくし細川が参上して、映画の背景、ジャビルカ開発問題の現状、日
本との関係、日本企業がくわだてるアジア諸国への原発輸出との関連、京都会議(世
界遺産委員会の年次総会)にむけての動き、などをお話ししたいと思います。

広島近辺の方、ぜひおいでください。また、広島近辺にお知り合いのある方、知らせ
てさしあげてください。よろしくお願いします。
日時  11月13日(金)午後6時~ 
場所  県立生涯学習センター(082-262-2411)
       広島市東区、JR広島駅北口徒歩15分

主催  プルトニウム・アクション・ヒロシマ (TEL/FAX 082-828-2603)
※映画『ジャビルカ』の「英語/日本語 原典版脚本」の頒布版ができました。
 
 これは、この映画(英語初版1997年、英語改訂版1998年)を日本語化するに際して
、英語改訂版 (1998) のナレーション、セリフ、字幕などを完全に日本語化し、さら
に英語初版 (1997年版) にしかない部分(改訂版ではカットされた部分)をも復元し
て補足し、かつ、もとの英語版も付録につけた「完全版」です。

 ビデオ日本語版の制作にあたっては、吹きかえの時間的制約などから、日本語脚本
を相当簡略化して使用しました。(ざっと半分近くに削らざるをえませんでした。)
 今回まとめた原典版脚本をお読みいただければ、映画『ジャビルカ』の背景をさら
によく知ることができ、また、ウラン鉱山開発の害悪についての理解も深まるのでは
ないかと思います。

 この「英語/日本語 原典版脚本」は500円で頒布します。収益はすべて今度の
京都会議に来日するアボリジニーたちのロビー活動を支援するために使います。(来
日するのは、イボンヌ・マルガルラさん、ジャッキー・カトナさんら、映画に登場す
る面々です。)

———————–
このほか、京都で11月26日、27日、大阪で12月6日に、来日した人々をむか
えて各種イベントが予定されています。詳細は、おってお知らせします。

———————–
★★京都会議では、カカドゥ/ジャビルカ問題が討議されます。ジャビルカでのウラ
ン開発をみなおし、世界遺産としてのカカドゥ国立公園の保全をはかるよう要請する
新しい葉書キャンペーンがはじまっています。
(オーストラリア首相宛の従来のキャンペーン葉書とは別のものです。
今度のは、パリの世界遺産委員会本部あてと東京の外務省世界遺産条約担当あての2
枚セットです。)

葉書キャンペーンにご強力いただける方、至急、お申し出ください。
(配布していただける葉書枚数と送り先をお知らせください。おりかえし、お届けし
ます。)
######################################
Stop Jabiluka キャンペーン展開中。ご支援ください!

キャンペーン事務局   <hosokawk@cc.saga-u.ac.jp>
  840-8502 佐賀大学 農学部 細川研究室
  tel&fax  0952-28-8738 
(郵便振替)01700-1-19686「ジャビルカ基金」
######################################

広告