98.11.17 ジャビルカ通信 第77号

98.11.17  ジャビルカ通信 第77号

 広報がとだえ気味になって、すみません。京都会議にむけてのさまざまな準備にす
ごく時間をとられ、(かつ、その期間中ずっと職場を留守にするために、片付けなけ
ればならぬ「お仕事」が山積みで)、なんだか始まる前に息がきれてしまいそう。

 以前からちょこちょことあった妨害活動も、だんだん頻度をましてきました。

*****【お願い】***** 
  細川の自宅の電話番号をご存知の方、
   第三者には一切知らせないようお願いします。
 「報道関係者」や「ジャビルカ運動を支援する者です」などと名乗って、
  たずねるケースがありますので、ご注意おねがいします。
  子供への危害を示唆した手紙(差出人不明)が続いているため、用心したいと
  思います。
  研究室の番号は、誰に教えてもかまいません。
***************

  また、「細川研究室」または「ジャビルカキャンペーン」を名乗って怪文書が
  諸方面に送られているようですが、不審な内容の文書(眉をしかめるような
  内容の文書etc)が届いた場合は、お手数ですが御照会ください。

***************
(1)イボンヌ・マルガルラさん、ジャッキー・カトナさんたちミラル・アボリジニ
ー代表団の来日日程は、11月25日です(大阪着)。12月3日まで滞在の予定。
 アボリジニーの行動支援のために原生自然協会(TWS)のアレック・マーさんも来
日します。11月24日着、12月8日頃まで滞在。

(2)京都でのフォーラムは、11月27日(金)午後6時半、京都YWCAホール
です。映画『ジャビルカ』の上映、音楽、アボリジニーの人たちのお話、京都会議の
動向についての解説、などなど。(場所は、京都市上京区 室町通り 出水上ル)

   ★大勢の皆さんのご来場を!!
(3)京都「世界遺産会議」を担当する外務省は、世界遺産会議に出席する日本政府
代表の氏名を「非公開」としています。「会議自体が原則として非公開だから」だそ
うです。また、アボリジニー団体およびオーストラリアの環境保護諸団体からの要請
(ロビーイングのための面会要請)に対し、面会を拒絶しています。

  *政府側代表団の氏名は、実は、欧州のユネスコ筋から入手ずみですが、もう少
し確認してから、「公開」したいと思います。
  *葉書キャンペーンの宛先は、すでに配布ずみの葉書の通り、「外務省大臣官房
 国際文化協力室」で届きますが、もし、10秒ほど時間をとれる方は、「世界いさ
ん会議準備室」と書き添えていただければ、より確実です。

★葉書キャンペーンにご協力いただける方、至急、お申し出ください。
(配布していただける葉書枚数と送り先をお知らせください。おりかえし、お届けし
ます。)

(4)9月26日午後には、アボリジニーの人々とともに京都市内で街頭行動をしま
す。参加していただけるかた、至急、細川
(または京都のアイリーン・スミスさん amsmith@gol.com )
までご連絡ください。
記者会見も26日に設定する予定です。
★★ビデオ『ジャビルカ』の購入もよろしくお願いします。細川あてにお申込みいた
だいても結構です。脚本(完全版)も、よろしく! 
(脚本の売り上げは、アボリジニーの京都滞在中の専用電話/ファックス回線の敷設
費用にあてます。)
######################################
Stop Jabiluka キャンペーン展開中。ご支援ください!

キャンペーン事務局   <hosokawk@cc.saga-u.ac.jp>
  840-8502 佐賀大学 農学部 細川研究室
  tel&fax  0952-28-8738 
(郵便振替)01700-1-19686「ジャビルカ基金」
######################################

広告