2000.5.30 先住民族ニュース(49)

2000.5.30 先住民族ニュース(49)

 アメリカ先住民族、ウェスタン・ショショーニの聖地ヤッカ・マウンテン(=ユッ
カ山、Yucca Mountain)を高レベル放射性廃棄物の処分場にする計画がすすんでいる
件は、マスコミ報道なども多いので御承知のことと思います。

 原子力資料情報室がこの問題について、講演会をひらきますので、お知らせします。
(重複してご覧になる方、ごめんなさい。)
—–転載はじめ—–

原子力資料情報室・第40回公開研究会
========================================
高レベル放射性廃棄物 地層処分は可能か?
-アメリカ・ヤッカマウンテンの真実-
========================================
http://www.jca.apc.org/cnic/action/events/

日時:6月22日(木)午後6時30分~
場所:中野勤労福祉会館大会議室
資料代:800円

講 師:ケビン・カンプス
(NIRS=原子力情報資料サービス・放射性廃棄物担当)

 原発によって生み出される高レベル放射性廃棄物は、
何万年も放射能毒性が残る最悪の廃棄物です。この「核
のゴミ」を、日本政府は地下数百~千メートルの超深地
層に埋め捨ててしまおうとしています。しかしこのよう
な地層処分が変動帯に位置する日本で本当に可能なのか、
安全性は確保されるのか、多くの問題があります。
 原子力発電を利用した多くの国でも、この放射性廃棄
物問題は行き詰まっています。アメリカではネバダ州の
ヤッカマウンテンを唯一の候補地として、処分計画が進
められています。しかし州政府や土地の所有者であるウ
エスタン・ショショーニ族は計画に反対しており、この
問題に詳しいNIRSのカンプスさんから「ヤッカマウンテ
ン計画の実態」を伺います。そして「人類の負の遺産」
そのものである放射性廃棄物に対して、私たちに何がで
きるのか考えます。

※事前の参加申込・予約は必要ありません。
原子力資料情報室 藤野 聡
================================
原子力資料情報室 (CNIC)
Citizens’ Nuclear Information Center
〒164-0003東京都中野区東中野1-58-15寿ビル3F
TEL.03-5330-9520 FAX.03-5330-9530
http://www.jca.apc.org/cnic/
cnic-jp@po.iijnet.or.jp
================================

—–転載おわり—–
over

広告