2000.10.23 ジャビルカ通信 第128号

2000.10.23 ジャビルカ通信 第128号

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃ ジャビルカ工事による労働被曝量、予想うわまわる高さ ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
帰国報告、続きです。

今回、ダーウィンの環境団体の事務所(北部準州環境センター、ECNT)で彼らが
入手した監督科学局(OSS)の内部資料を見せてもらっていたら、ジャビルカ鉱山
でのこれまでの労働被曝の数字がありましたので、紹介します。

なお、この資料は、OSSがARRAC(アリゲータ川地域諮問委員会、カカドゥで
のウラン採掘のモニターをする協議機関:構成メンバーは、国立公園局=連邦政府機
関、準州政府、ERA社、北部土地評議会=NLC、それに環境NGO代表としてE
CNT)に8月に提出したもので、一般には公開されていませんが、かといって秘密
資料というわけでもありません。

それによると、ジャビルカの開発工事にたずさわったERA社員および下請けがうけ
た放射線被曝量は、ガンマ線外部被曝、ラドンガス吸引による内部被曝(アルファ線
および娘核種の崩壊放射線各種)、埃の吸引による内部被曝(ガンマ+アルファ)を
合計して:

A【1999年10月~12月】

職業被曝 中央値 0.14mSv、最大 0.25mSv
非職業被曝 最大 0.17mSv

B【2000年1月~3月】

職業被曝 中央値 0.32mSv、最大 0.34mSv
非職業被曝 最大 0.01mSv以下

C【1999年1月~12月】

職業被曝 平均値 1.1mSv、最大 3.5mSv、集団被曝量 0.067pSv
非職業被曝 平均値 0.05mSv、最大 0.7mSv、集団被曝量 0.007pSv

  上のA、B、Cは細川が便宜上わりふった符号です。
  A、Bは四半期ごとの集計で、中央値(mean) が用いられています。
  Cは年間の被曝統計で、算術平均値 (average) が用いられています。

「職業被曝」は、放射線管理区域(坑道内、廃水池周辺、残土周辺など)で働く人た
ち、「非職業被曝」はそれ以外の労働者(運転手、修理工、事務員など)が埃やラド
ンガスの吸引で被曝してしまう分。
思っていたよりも高い数値で、ちょっと驚きました。
平均値/最大値が高いわりに集団被曝量が小さいのは、準備工事の段階では、被曝人
数がきわめて少なくてすむからです。これが本格的な採掘作業となれば、集団被曝量
はかなり高くなってしまいます。

参考までに、レンジャー鉱山での労働被曝は、ERA社の年次報告書によると:

98年実績 職業被曝最大値10.9mSv、非職業被曝最大値1.4mSv、集団被曝量 2.04pSv
99年実績 職業被曝最大値  7.6mSv、非職業被曝最大値1.3mSv、集団被曝量 1.07pSv

(上記集団被曝量は職業被曝と非職業被曝の合計)
ジャビルカ工事の労働被曝が予定(いわゆる計画被曝)をうわまわった要因としては、
世界遺産委員会(99年7月パリ会議)直前の突貫工事のせいと、
ジャビルカのウラン鉱石の純度が予想よりも高かったせいもあるでしょう。

ERA社による環境アセスメント書によれば、ジャビルカ第2鉱床の平均ウラン純度
は(三酸化八ウランの重量比で)0.74%とされていましたが、坑道を掘って実測して
みたら 1.15% もあったというのですから。
(後者の数字はOSS資料による。実測値なので平均値よりはかなり高い。ERA社
は鉱床全体の平均値=推定値を0.51%として、アセスメント書よりも低く見直してい
る。)

一方、ジャビルカのウラン埋蔵量は、ERA社が最近になって公表した数字(オース
トラリア証券取引所むけ8月30日発表)によると、やや下方修正されて、当初およそ
9万トンとされていたのが、推定71,000トン(イエローケーキ換算)となっています
。この下方修正は、採掘した場合の収益減少に直結するものですから、ジャビルカ開
発の見直しにあたっては重大な因子となりましょう。
ですます調で書くと、なんとなく田中さんみたいですな。
over
######################################
ジャビルカ基金 事務局
   <itachimaru@nifty.ne.jp>
  840-8502 佐賀大学 農学部3号館 細川研究室気付
  FAX  0952-28-8738 
(郵便振替)01700-1-19686「ジャビルカ基金」
######################################

ストップ・ジャビルカ・キャンペーン・ジャパン
  ホームページ: http://SaveKakadu.org

「ジャビルカ通信」バックナンバー閲覧: http://nnafj.kmis.co.jp/japanese/ind
ex.shtm#BULL(→「国外情報」をクリック)

######################################
ミラル氏族のホームページ: http://www.mirrar.net
オーストラリア自然保護基金: http://www.acfonline.org.au
######################################

広告