2000.12.28 ジャビルカ通信 第138号

(136号/ケアンズ会議続報/は事情により未配信です。近日中に発信いたします
ので、しばらくお待ちください。)
 

2000.12.28 ジャビルカ通信 第138号

 ストップ・ジャビルカ・キャンペーン(=ジャビルカ葉書キャンペーン=Stop
Jabiluka Campaign Japan)の第3回会計報告です。ご支援くださった方々に、あら
ためて篤く御礼もうしあげます。
          今期分      累計分
 —————————————    
  収入合計  178,040    1,225,725
  支出合計  155,895    1,245,342
   収支     22,145      △19,617
 —————————————    
         (黒字)     (赤字)

京都会議(1998年12月)の時点で生じた約20万円の赤字を、おかげさまで10分の1近
くにまで縮小させることができました。あと、在庫のビデオ・絵葉書などを完売すれ
ば(!!!)、めでたくトントン(希望的観測)。

2001年以降もキャンペーンは継続しますが、ケアンズ会議後の状況(および核燃料サ
イクルをめぐる世界の状況の変化)をふまえ、日本で具体的にできることを見直し、
焦点をしぼった活動をあらためて提起したいと考えています。この点については、い
まオーストラリア側の運動体(アボリジニーおよび環境団体)と意見交換をしている
ところですが、なるべく1月中に提案をまとめたいと思います。その節は、また皆さ
んからのご意見・ご提案・ご支援を仰ぎたいと存じますので、どうかよろしくお願い
いたします。
【今期分の収支明細】 期間:2000年1月~12月

収入  カンパ寄付      63,500
    ビデオ売り上げ    14,400 *註1
    ブックレット売り上げ 37,340
    絵葉書売り上げ    10,800
    その他資料売り上げ    2,000
    講演料・原稿料    50,000
支出  ブックレット仕入れ  33,600
    絵葉書仕入れ     10,500
    郵送費          8,500
    交通・宿泊費     23,971 *註2
    通信費        31,720 *註3
    文具           2,604
    印刷費・紙代     45,000

*註1:未収金3,200をふくむ。    
*註2:オーストラリアから来日したブルース・トムスンさん(地球の友オーストラ
リアのアデレード支部専従、ジャビルカ反対運動連絡会 Jabiluka Action Group の
中心メンバーのひとり)を祝島(上関原発現地)に案内した際(7月20日~21日)の
旅費の一部をジャビルカ・キャンペーンの会計から支出しました。
*註3:ホームページ維持費(プロバイダーへの更新料)をふくむ。

============================================

【キャンペーン開始時点からの累計】 

   期間:1997年11月~2000年12月
   
   総収入 1,225,725
   総支出 1,245,342

   収支(赤字)△19,617

収入累計内訳
  カンパ    682,489
  講演料・稿料 292,000 
  各種売り上げ 247,436 *註4

支出累計内訳
  印刷費    144,195
  通信費    151,297 *註5
  交通・宿泊費 224,566
  人件費      6,121
  現地支援   386,579(ブロッケード会計へ)
  資料仕入れ  325,876
  その他      5,604

*註4:ビデオ、脚本、ブックレット、絵葉書、ステッカー、その他資料の売り上
げ。未収金3,200(ビデオ代金)をふくむ。
*註5:ホームページ開設費用および維持費(サーバー使用更新料)は「通信費」に
ふくめました。(前回の会計報告では「その他」に分類していたのを改めました。)
============================================
★★★前回の会計報告(通信115号、99.12.29)以降、2000年12月24日までに、下記
の方々から、合計116,340円のご支援をいただきました(資料購入・カンパ・講演料
など、順不同)

長井 聖治さま(境市)、吉川 仁さま(犬山市)、星川淳・星川加代子さま(屋久町
)、大澤 晶子さま(川崎市)、野村 民夫さま(東京都)、兼崎 暉さま(北九州市)、
反原発出前のお店・佐賀店さま(佐賀市)、鎌田 真弓さま(日進市)、吉岡 正壽さま
(幸手市)、先住民族の10年市民連絡会さま(川崎市)、原子力資料情報室さま(東京
都)、海野道郎さま(仙台市)、嘉田由紀子さま(大津市)、ウィンドファームさま
(福岡県水巻町)、毎日新聞東京社会部さま(東京都)、藤村美穂さま(佐賀市)、加
藤めぐみ様(所沢市)、地球の友オーストラリアさま(ブリズベン市)、アレック・マ
ーさま(キャンベラ市)、匿名希望さま2名

今回報告分のキャンペーン会計に繰り入れさせて頂きました。たいへん助かりまし
た。有難うございます。
============================================
★★絵葉書セット、ビデオなど、在庫があります。まだの方はぜひお求めください。
みなさま、どうか良い新年をおむかえください。

For a nuclear-free future!
######################################
ジャビルカ基金 事務局
   <itachimaru@nifty.ne.jp>
  840-8502 佐賀大学 農学部3号館 細川研究室気付
  FAX  0952-28-8738 
(郵便振替)01700-1-19686「ジャビルカ基金」
######################################

ストップ・ジャビルカ・キャンペーン・ジャパン
  ホームページ: http://SaveKakadu.org

「ジャビルカ通信」バックナンバー閲覧: 
http://nnafj.kmis.co.jp/japanese/index.shtm#BULL
      (→「国外情報」をクリック)

######################################
ミラル氏族のホームページ: http://www.mirrar.net
オーストラリア自然保護基金: http://www.acfonline.org.au
######################################

広告